トップ / 免疫力向上には植物性乳酸菌

植物性乳酸菌で免疫を向上

乳酸菌には大きく分けて、「動物性」と「植物性」の2種類があります。基本的な違いは乳酸菌が生息する食べ物の種類です。「動物性」であればヨーグルトやチーズなどの乳製品が該当します。「植物性」なら、キムチやサワークラウド、お漬物やお味噌、お醤油などです。

植物性乳酸菌には動物性に無い独自の強みがあります。それは生息環境が厳しいところでも繁殖できる生命力です。例えば漬物や味噌には多くの塩分が含まれています。他の材料にしても、あまり栄養状態が良いとは言えないため、ブドウ糖やショ糖など、あらゆる多糖類をエサにします。中には他の微生物との共存を強いられる食品もあるほどです。

対する動物性の乳酸菌は、ヨーグルトもチーズも栄養と温度と湿度が一定に保たれていないと死滅します。エサは乳糖に限られ、他の微生物との共存もできません。

そのため植物性の乳酸菌は、動物性よりも生きて腸まで届きやすいと言われています。たとえ腸内が酸性に傾いてもアルカリ性になっても、しぶとく生き残れるのです。さらに、漬物から植物性乳酸菌を摂れば、一緒に食物繊維も摂れます。同じ免疫力を強くするなら、植物性の乳酸菌を摂る方が効果的と言えるでしょう。日本人は昔から穀物や野菜中心の食事だったので、相性も抜群です。

もちろん動物性の乳酸菌が全く劣るわけではありません。インフルエンザやピロリ菌に効果のある乳酸菌は、どちらも動物性です。また、ヨーグルトやチーズにはカルシウムやタンパク質が含まれ、調理しなくても食べられるメリットがあります。どちらもバランスよく摂るのが理想です。乳酸菌サプリの中には目的に応じて植物性だけのもの、動物性だけのもの、両方入ったものがあります。

Copyright © 乳酸菌の働きについて. All rights reserved.